2010年08月24日

それでも、牛と生きていく。

宮崎、27日に口蹄疫終息宣言
[2010年8月23日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2010082301000687






今年4月から、遠い宮崎の地で猛威をふるった口蹄疫。
先月に非常事態宣言が解除されてから、その状況はほとんど私たちの耳に入ってくることがなくなりました。
そして昨日、メディアから27日に正式な「終息宣言」が出される予定だと発表がありました。

しかし、たとえば “戦争” を思い浮かべてみます。
終戦の宣言が出されたからといって、人々の戦いはそこで終わりでしょうか。
街は破壊され、仕事はなくなり、愛する家族まで失った人々の計り知れない苦しみ...
本当の “闘い” は、そこから始まるのではないでしょうか。

宮崎の畜産農家の人々にとって、その長く壮絶な闘いは始まったばかりです。
突如襲ってきた口蹄疫という見えない敵に、牛と、共に生きる仲間たちとの穏やかな生活をすべて奪われ、
自らの手で大切に育ててきた子供たちを殺さなければならなかった痛みは、
私たちの想像の及ぶところではありません。
ニュースで放映された、にぎやかな主のいなくなった牛舎の前で立ちつくすおじさんの姿...
深く心に残っています。

ただ、彼らは再び立ち上がらなければなりません。
残された仲間たちとの生活を取り戻すために、県の産業復活のために、そして日本のために。
すべてを失った後、また一から新しい命を育んでいくために。





仕事のつながりで知ることができた、7月28, 29日の読売新聞に掲載されたある広告。

この広告のメッセージが、一人でも多くの人に届くことを願って、以下にご紹介させていただきます。



29072010262.jpg



それでも、

牛と生きていく。




闘いがはじまったのは、4月。

それは、長く厳しいものになりました。

わが子のように慈しんだ、牛たちのいのちが失われていく。

全国のともに牛と生きる仲間の営みを

守るためとはいえ、それはつらい決断でした。

それでも、歯をくいしばって、

宮崎の、全国の、牛と生きる人々がひとつになって

見えない敵、口蹄疫と闘ってきました。

さらには、畜産、酪農に関わる人々が、

昼夜を問わず懸命に、この闘いを支えてきました。

しかし、本当の闘いは、これからです。

あの牛舎に再び、牛たちが戻ってくる。

あたりまえに牛と生きる日々が帰ってくる。

その日まで、そしてその先も、

長く厳しい闘いは、つづくのです。



それでも、牛と生きていく。

その意志が、希望が、決して挫けないように。

私たちJAグループは、これからも、

全力で支えていきます。



一日も早く、また、牛と生きる日々を。

全農






Twitter でもつぶやかれていましたが、この広告は多くの人の目に留まったというよりは、
多くの人の“心に留まった”のではないかと思います。

「生きるという字に “牛” が入っている」 というコメントもありました。
確かに、牛という字に一本足すと “生” という字になります。

まさに、牛と共に生きていく人間を表しているようです。

写真のスコップを握る手は、大切な牛たちを、動かなくなった牛たちを、
別れを惜しむ間もなく、作業のように埋めさせられた後の手でしょうか。
牛たちの残した糞尿など、なつかしいようなその臭いのする遺物を、
牛舎から跡形もなく消し去る作業の後でしょうか。

その強く握った手が伝えるもの。

理不尽な運命への憤りと悲しみに打ち震えながら、

「それでも、おれたちは牛と生きていく」 という強い意志。



何にもできない私ですが、

宮崎のみなさま、心から応援しています。



posted by kissi at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮崎のいとこに話聞いて、
大変だってことはわかってるつもりだったけど、
メディアで見たり聞いたりするだけじゃ全然わかんないなって思った。

影響が想像以上で、
びっくりしたのと同時にショックが大きくて、
ちょっとでもわかってると思ってた自分が恥ずかしくなったよ。

おととい、
宮崎料理屋さんに行って
がっつり食べてきた!
Posted by myai at 2010年08月27日 12:12
そっかー 何でもそうだけど、生の声を知ろうとする努力をしようと思うね。
あと、厳しい状況でも前向ける人になりたい。
Posted by kissi at 2010年08月29日 03:59
自ら育ててきた牛を殺さなくてはいけなくなった農家の人のコメントを以前ラジオで聞きながらいたたまれない気持ちになったよ。

人間中心の世界になってしまった今、人間の作り上げたルールで他の生き物の運命も変わっていくんだね。
Posted by えり at 2010年08月29日 10:53
農業や畜産、酪農、漁業などに関わる人たちは、
「人間は自然に生かされている」ということを一番肌で感じている人たちだから、
彼らの仕事に敬意を払いたいと思う。
Posted by kissi at 2010年08月29日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。